世田谷区|下北沢の眼科クリニック|休日診療 - 

トップページ >  目の病気について >  角膜の障害(角膜炎、角膜びらん、角膜潰瘍)

角膜の障害(角膜炎、角膜びらん、角膜潰瘍)

角膜(黒目の部分)の障害は、けがなどの外傷や、コンタクトレンズの不適切な使用、細菌やウイルスの感染、ドライアイによる乾燥、その他さまざまな原因でおこります。程度にもよりますが、目の痛み、充血、目やにや涙、視力低下などをおこします。角膜混濁を起こして、治癒後も視力障害が残ってしまうと、角膜移植が必要になる場合もありますので、早期の治療が大切です。

関連する症状

 ○痛い、ごろごろする、赤い、充血する

 ○目やにが多い

 ○まぶしい