世田谷区|下北沢の眼科クリニック|休日診療 - 

トップページ >  目の病気について >  急性緑内障発作

急性緑内障発作

ヒトがものを見るときには、まず、外から目の中に入ってきた画像情報が、視神経とよばれる神経を通して脳に送られます。そして、脳がその画像情報を組み立てて認識し、私たちははじめてものが見えたと感じるのです。

緑内障では、その情報を伝達している視神経に異常が起こり、眼からの情報を正確に伝えられず、脳で画像をうまく組み立てることができなくなります。その結果、視力や視野に障害がおこります。緑内障のなかでも急激に眼圧が上昇し、眼の充血や痛みや、頭痛、吐き気など激しい症状を起こすものを急性緑内障とよびます。急性緑内障では、時間がたつほど視力、視野が失われていき、治りにくくなるので、すぐに治療を行い、眼圧を下げる必要があります。

関連する症状

 ○痛い、ごろごろする、赤い、充血する